投資にむく性格や特徴などをよく見かけます。果たして性格と投資は本当に関係があるのでしょうか?

仕事している男性たち
  • ホーム
  • 投資で失敗する人の共通点

投資で失敗する人の共通点

元気を出す男女たち

投資で失敗をする人に共通をする点としては、分不相応なお金をつぎ込んでいるというケースがあります。
つまり、資金に関するリスクコントロールができていないということになるのですが、余裕のないお金をつぎ込めばどうしても冷静な判断ができずに失敗する確率が高くなってしまいます。
確かに投入する資金を大きくすれば大きく勝つことができる可能性もありますが、それはあくまでも理屈でありその通りの取引をすることができる人は少ないものです。
余裕のないお金の場合、利益が出ている時には早めに利食いをしてしまい、損失が出た時に少し戻ってから損切りをしようとしている内に手のつけられないぐらいの大きな大損失になってしまうということがあります。
あるいは大きな損失を避けるために、本来であれば様子見をしたい局面であっても損切りをさせられることになってしまい、著しく勝率が悪化し損切り貧乏になってしまうというケースも珍しくありません。

このように分不相応な金額をつぎ込んで資金管理ができていないというのが、失敗する人に多い共通点ですがそれ以外のものとしては完璧主義者というものもあります。
完璧主義者というのは悪くないように思えますが、投資においては逆にマイナスであり完璧を求め過ぎるあまりに相場の流れについていくことが出来ず、相場が間違っているとばかり思い込んで損失を増やしてしまうということも多いものです。
どれだけ相場の分析能力があったとしても、結局のところ相場がそのように動くとは限りません。
相場というのは合理的に見えて合理的ではない部分が多いので、完璧主義者ほどこの罠にハマりやすく理屈は正しいのに投資では失敗したという人は少なくないのです。

関連記事